不動産投資成功の鍵は利回り、将来性、未公開情報の3つ

0
1592

マイナス金利政策などを背景に、不動産投資を行う人が増えてきました。しかし成功する人は、それほど多くありません。不動産投資で失敗しないためのポイントは、高い利回りに惑わされない、将来的な資産価値を見据える、相場よりも安く購入する、の3つであると言えます。しかし、まだ市場に公開されていない情報を予め手に入れることができれば、さらに有利に不動産投資を進めることができます。

 

マイナス金利政策などを背景に、不動産に投資をしようと考える人は少なくない反面、投資に成功する人はさほど多くはありません。不動産投資で失敗しないためには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。今回は、そんな不動産投資で失敗しないためのポイントについてご紹介していきたいと思います。

 ・甘い誘い文句があっても利回りの高さに飛びつかない

まず、不動産投資をするうえで重要なのは、むやみに利回りの高い物件に飛びつかないことです。  一般的に「利回り」は、不動産投資において収益率を表す指標の一つとして、重要視されています。 ですが、利回りが高いからと言って、それが優良な物件であるとは限りません。逆に考えれば、相場と比べて、利回りが高い物件は、甘い誘い文句がなければ買い手がつかない物件であるとも言えます。

 ・多少利回りが低くても土地の将来性を見極める

利回り以上に不動産投資で大切なのは「その立地の将来性」に注目することです。

例えば、地方や郊外は人口減少の影響から、今後の賃貸ニーズが減少していくと考えられます。   この場合、利回りを高く設定しないと、不動産の買い手がつかなくなります。

対して多少利回りが低かったとしても、将来性がある土地であるならば、今後も賃貸ニーズが期待できるうえに、土地の価値が上がる可能性もあります。加えて、将来性のある物件を相場よりも安く買うことができれば、不動産投資のリスクをさらに軽減できます。

目先の利回りを追いかけず、将来的な価値が見込める物件を、できるだけ安く入手するということが不動産投資で失敗しないポイントであると言えますね。

 ・専門家をパートナーにして未公開情報を入手

不動産投資は利回りに注意することと物件の将来性に加え、市場に出回らない情報を手に入れることで、さらに有利に進められます。

インターネットを使えば不動産投資に関する情報は見ることができますが、その情報は自分以外の何千人という投資家が閲覧しているわけですから、知っても得する情報であるとは言えません。

しかし、まだ市場に出回らない情報を予め入手することができれば、他の投資家を差し置いて、割安な優良物件を購入することができます。こうした未公開の情報を得るには、不動産投資に精通した専門家をパートナーにするというのが1つの方法です。専門家がいれば、未公開情報だけでなく、あらゆる投資の相談に親身に対応してくれるでしょうから、心強いと思います。

 ・3つのポイントを押さえて不動産投資成功に近づく

不動産投資でポイントとなるのは、

*利回りの高さに惑わされない

*将来的な資産価値を考える

*未公開情報を手に入れる

の3つです。

3つに共通するのは、目先の情報にとらわれないということです。利回り、将来性は当然ですが、インターネットのなかに転がる目先の不動産情報だけに頼っていては、不動産投資で利益を生むのは難しくなります。

不動産投資で成功するためには、上で挙げた3つのポイントを押さえて不動産投資を行いましょう。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here